旅と食と糸と花

旅が好き、食べることが好き、こぎん刺しを嗜み、花を愛でる、でもどれに関しても無知な妙齢会社員の日記

パーソナルカラーと骨格診断してきたよ<骨格診断編>

 

続いて骨格診断(画像はイメージです)

 

ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3タイプに分けて診断って、NHKあさイチなんかでもやってるくらいだから広く知られてるんじゃないかと思うけど。
自分がどのタイプがイマイチ分からなかった。ストレートかナチュラルかなーと思っていたのだけど。

診断の結果、まさかの~~


ストレートとウェーブのミックス!


自分にウェーブの要素があるなんて思いもしなかったYO!
関節が小さいですねって生まれてはじめて言われたわ!と思ったけど、そもそも関節を触られるということも早々ないので、「小さい」かどうかも気づいてなかったんだな。
手も小さいって言われたんだけど。妹がめちゃくちゃ小さいので、自分がそれほどとは思ってなかったんだわ。

診断前に、自分で気になることや好きなものなんかを聞かれたんだけど。その時に「ユニクロのTシャツが似合わない気がして…というかゆったりしたカジュアル服を最近よく着るけど、なんか似合わない気がして」と言ったら、ユニクロTシャツが本当に似合わないタイプだったという。それどころかTシャツの丸首自体があまり似合わない。
やっぱりーーーー!自分でもうっすらそう思っていたけど、たまーに似合うものがあるの。鎖骨が見えるくらいに襟首が開いたやつでちょっと…なんというかシャープっぽいの。昔会社の近くにForever21があって、そこの格安Tシャツは似合ったのよね。もう撤退しちゃったもんなぁ。

 

でもシャープっぽいのって、ラクチン服ではないのよね。
そしてボーイフレンドデニム的なカジュアルもあまり似合わない。
カジュアル着るならいわゆる「綺麗めカジュアル」が良いと。うわーーーん、気づかないフリしてたけど自分でもそうじゃないかって思ってたんだよぉおおお。と動揺。
ゆったりラクチン服でわがままボディを愛のままにわがままに僕は君を自由にさせたかったのに、綺麗めカジュアルてそこそこ気合がいるんですよ。私にとっては。

これでも、数年前まではもう少しオシャレに気を遣っていたんだけど、とにかく楽をしたいという気持ちが強くなっていた今日この頃。
うーん、この辺は自分で調整が必要ですね。ラクチン服と綺麗めカジュアルのすり合わせを考えていかないとだ。

 

ついでに言うと、指輪やブレスレット、ネックレスなんかのアクセサリーも似合うタイプとのこと。ピアスはするけど、それ以外は持ってても全然しなくなっちゃってたなぁ。
この辺をうまく復活させられれば「綺麗めカジュアル」が出来上がるのかもしれない。

ラクチンか否かを除けば、そもそも綺麗めカジュアル自体は自分も好きなのでやっぱりうまくすり合わせできればいいよなと思う。


それから似合う服の形もご教示いただいた。それを知りたかったのです!
これで似合う型紙を一回作って、そこから夏服・冬服を量産すればいいではないか!という目論見があったのです。

 

で、端的に言うと私に合う服はウエストをシェイプないしはマークしたもの…う、嘘やろ。そんなぁ、そんなの楽出来ないし、腹が目立つやんけーーーー!嫌だよぉ。
と思ったけど。

(ウエストシェイプのイメージ)

言われたシルエットの服を着ると確かに「良く」見えるなって自分でも思っていた。
うん、全部見ないふりしてきたことを指摘されたね!


首元は適度に開いていて、XラインかIラインの場合は視覚的でもいいからウエストマークみたいなイメージ。
作るのが楽なフレアスカートではなく、作れない(笑)プリーツスカートがいいらしい。くそっ。
同じようで違うんだなぁ。
あとはタイトスカートもいいって言われてもよぉ、下っ腹が目立つんだよぉおおお。
なんとなく、Aラインのスカートもいいのかも?今度ちょっと聞いてみよう。(カウンセリング後6ヶ月間は相談にものってもらえる)


ということで、手持ちと相談ですね。
でも作る時はXラインを意識するといいのかもなと思う。…Xラインのワンピースねぇ

パーソナルカラーと骨格診断してきたよ<パーソナルカラー編>


※長いです。自分メモなので長くてつまらないです。思ってた以上に長くなるので、分けて書きます。

 

洋裁に手を出してから、出来上がりに対して「似合わない」「思ったのと違う」と感じることがあった。
売ってる服は試着してから買うけど、作る服は出来上がらないと試着出来ないしね。
そう思ってるところに、たまに読んでる裁縫ブログでカラー&骨格診断をしてきたという話が出ていた。
その方も、生地をため込み、服を作るも似合わないことがあって…というような事を書いていらして、診断を受けたことでスッキリしたとのことだった。

 

これか~!と思ったけど、どこを選べばいいか分からないし診断料は結構どこもお高いのよねと二の足を踏んでいたのだが。
色々な条件が重なって、診断を受けてみることにしたのだ。

 

6月某日某所にて受けて来た。
今回私が受けたのは、パーソナルカラー診断、骨格診断、パーソナルメイク。
カラーについては、自分のタイプはもう想像通り、でしょうね、それしかないよねと。

 

オータムのイエローベース

 

春夏秋冬の4タイプに分けたら、秋っぽい色が似合う。これ、カウンセラーしてなくても友人たちにもずっと言われてた(笑)
少しだけスプリングは入っていたけれど。チャートで似合う色10色くらいあったんだけど、夏冬の色が一色も入ってなかった。
そして、私が二十歳の頃は、ティファニーのオープンハートを筆頭にシルバーアクセサリーの全盛期だった。今以上にシルバーが似合わなかった私には辛い(?)時代だ。
まあ、シルバーやプラチナのアクセサリーも持ってるし使うけどね。

 

オータムと診断されたが、中でも似合うビッグ3が判明。

コーラルピンク、なんとかグリーン、辛子色の3色だ。写真撮らせてもらったけど、見た色どおりに撮れないことで有名な私なので、写真もイマイチや。ハハッ。
最近はあまり選んでなかったけど、ピンクは割と好きで中でもサーモンピンクを好んで選んでいたのだけど。それよりコーラルピンクの方が似合うと。
メイクなんかもその方がいいとのこと。

なんとかグリーンかあ…今まで一度も選んだことなかったな。(もう何グリーンか思い出せない)
今回の診断で、私ったら緑はほぼなんでも似合った。びっくり~~~。この前初めて自分で緑のパンツを作ったけど、それまで一度も緑を好んで買ったことが無い。特にトップス。でも、あんなに似合うなら買うか作るかしないともったいないなと思うほどだった。
と思ったらカウンセラーの方が「普段あんまり緑の服って売ってない。今年はトレンドカラーでたくさん出てるから、買い時!次いつこんなに豊富に緑が出るか分からないから買うといいよ」とのことだった。
なるほどね、市販品少ないから今まで買わなかったのかもしれないな。

辛子色。これまたトップスには選んだことない色。パンツなら持ってるけど。
茶系は割と似合う色が多かったけど、中でもこの色はとても顔と愛称が良かった。英語で言ったらマスタードイエローといった感じで、黄色みが強いといいみたい。

 

そう、他の色なんかも黄色味が入ると似合い度が高くなる。
生粋のイエローベースやな!

 

そしてびっくりなことに、黒と白は似合わなかった…嘘でしょって思うんだけど。
黒と白で構成されるグレーも似合わなかった。おったまげーーーー
だからと言って、「じゃあもう着れないじゃん!」ということはなく、素材とか服の形なんかでは全然いける。と
黒なんて誰でも似合うと思ってたし、困った時はグレーと白選んでたわよ!
冬物のアウターなんてほぼ黒しか買わないし!!ええ、私は無難な女なんですよ。だって、何でも組み合わせしやすいじゃん…センス無いから頼っちゃうんだよな、ベーシックカラーに。

 

ビッグ3以外にも私に似合う色の判断基準は「鮮やかな濁り色」とのこと。
鮮やかってのは発色?輝度?ちょっとこの辺が分からないけど、パッとした感じの色←余計他人には分からない
濁り色ってのは、くすんだ色ともまた違う。1色の単色というより、何色か混ざった感じの色みたいな。
そういう色を選ぶといいらしい。どういう色かなって分かるようでわからないけど、これから探していくわ。

自分でも思っていたというか気づいていたけど、青系は壊滅的に似合わない。あとパステルカラーも微妙。白が入ったような色はあんまり…パキっとした色の方が似合うね。


色々言ってますけど、カウンセラーの方も言っていた。
カラーや骨格診断の結果で色々言っても、結局自分が好きなものを着るのが一番と。
そして、診断を受けたことがある友達も「診断結果と自分の好みと手持ちをすり合わせるのも楽しいよ」と。

 

2022GW・道東旅(10) 網走刑務所から今宵のホテルへ

 

監獄から駅や中心地に行くバスは大変混んでおりました。朝の都心ラッシュ並み。って朝のバス知らんけど。
しかし、途中の刑務所で降りる人は私ともう一組だけ。

 

私が現役の網走刑務所に寄ったのは、刑務所作業用品を見てみたかったというのと実際の立地を見たかったから。

入口は移築された博物館と似てるね。

 

漫画では刑務所脇を流れる網走川をさかのぼる第七師団・鶴見中尉と鯉登少将(父親の方ね)が描かれてたじゃないですか。←誰に話しかけてるのか


そもそも「網走」という地名もアイヌの言葉から来てるんだね。北海道にはアイヌの言葉から来てる地名が多いと聞くけど、切っても切れないんだな。
そして、「あばしり」と「アシリパ」を間違えて興奮しながらインスタ更新したことは内緒です。友達が突っ込んでくれた(笑)


実際刑務所脇には今も網走川から流れていて、バス停からそこを渡ると「刑務所作業製品展示場」があります。

 

私と同じようにバスを降りた男性2人組も同じ目的だったらしい。
刑務所は一応撮影していいらしいが、受刑者に配慮せよという張り紙があった。

 

そして、網走刑務所の概略についても案内があった。

すぐそばには団地とか住宅地もあって、なんか不思議な感じだな。もっとポツンと一軒家的にあるのかなと思ってた。他の刑務所知らないけど。

 

私が欲しかった手ぬぐいなんかは無かったけど、手芸部へのお土産と自分用に小さなバッグを購入。
重さ的に断念したけど、木工用品なんかすごく良さそうだった。

ここには1時間ほど滞在して、バスで中心地へ。この辺もバスが本当に無いので、事前にかなり調べておきましたよ。

 

ようやくホテルへ到着。
釧路以上にホテルが少ない網走では、ありがたちドーミーインです。

 

私がアサインされた部屋が網走川ビュー!しかもぴったり張り付けば河口も見える!(写真は角度的に難しいけど)
こりゃもう、金カムに想いを馳せろという思し召しでは…


連日あっち行ったりこっち行ったりしてて、こんな時間にゆっくり座るの初かもしれない。帯広でカフェ行ったけど、あれも帯広旅行の目的の一つなわけですし。
おやつを食べて軽く昼寝。

 

北海道銘菓の一つ、バームクーヘンの三方六。初めて食べた。普段チョコ菓子を自分で買うことないのでね。


美味しかったです。

2022GW・道東旅(9) 聖地・網走監獄

 

さてバスでやってきたのは網走監獄!この旅のメイン(の一つ)であり、ゴールデンカムイファンにとっては聖地一つですわ。

 

網走監獄、もちろん知ってはいたけど、よもや自分がこんなに楽しみにやってくる日がくるとはねぇ。人生は分からないものだ。
あばしりフリーパスについていたクーポンで1500円が1350円。結構いいお値段…金カム見てなかったら、絶対来なかっただろうね(笑)

 

網走監獄は、そもそもこの場所にあったわけではなく移築保存されて博物館となっているそうです。知らなかった。
なので、今も現役(?)の網走刑務所もちゃんとあるんですね。
金カム時代は、つまりここではなかったし、網走川沿いにあったんだね~。

バスの都合で1時間しか滞在できないので、とにかくむっちゃ早歩き。なんだったら小走りかもしれない(笑)
今回の道東旅では、網走監獄か六花亭本店くらいしか混んでなかった。
そう、ここには金カムファンと思しき人が大勢いた。
バスなんて、20-30代男性が大勢いて臭かった。なんていうか、若い男の匂い(言い方)
みんな、ムショ入りね。ふふふ。

若いお嬢さんたちもいたけど、バッグには尾形のチャームがぶら下がっていたわ…尾形が一番人気って本当だったんだと思った。
※尾形は非常に屈折した男なので、今の私にはノーサンキューなのである

 

博物館として、網走刑務所や北海道の刑務所、囚人たちの役務なんかの説明エリアもあったのだけど、なんせ1時間なのでじっくり読んでられなかったのが残念。
でも、野田先生(金カム作者)のサインはチェックしたわよ!白石~~~!

 

そしてやっぱりメインは金カム見る前から唯一知ってた「五翼放射状官舎」(ちゃんとした名前は知らなかったけど)
監視しやすいようにこういう形になったと聞いております。

ここに、私の押しもいたし、白石もいたんだね~~と感慨にふける。※どっちもいません

 

(なぜか小さい写真しかない)

 

そして施設内のあちこちにまあまあリアルな人形がいて、人気の少ないところで急にぬっと居るとちょっと悲鳴が出てしまう(笑)

オレンジ色の目立つ囚人服は、脱走した時に見つけやすいことからこの色になったと聞いています。
コロナ前は囚人服着て写真撮れるサービスがあったらしいのですが、今は無いようなので、私は自前でオレンジ色の服作って参上した!


綿麻の服だったから、この時期の網走では寒かったけどね…推しも着てたからと頑張ったわ。作るのも薄着になるのも。

 

独房見ればのっぺらぼうが入ってたわねとか

 

味噌醤油蔵見ればオソマを作ってたのねとか

 

農作業上見れば刺青人皮の彼らもここで作業をとか

 

 

手前の囚人人形の奥で、囚人飯(?)が食べられるというシュールな図


もういちいち一人で大盛り上がり。すごい楽しいけど、これはやっぱりファンの誰かと一緒に来てペチャクチャ喋りたいよなあと思った。
そして今気づいた。職員官舎見てくるの忘れた。門倉さん、ごめん…

 

教誨堂!!!ここで!推しが~~~~!犬童はさ、土方さんに惚れてたんちゃうかなって思うのよね。

この金カムを好きになって初めて「推し」という言葉を使ってるけれど、なんか…変なの(笑)

ものすっごい駆け足で見た後は、バスに乗って次の目的地へ向かいます。

 

金カム好きならいって損はない、網走監獄でした。他の人は知らんけど(笑)

 

 

2022GW・道東旅(8) 釧網線で一路網走へ

 

さて、道東旅4日目。
今日は釧路のホテルをチェックアウトして、網走へ向かいます。
天気次第では、6:37発の始発に乗って夏季限定臨時駅・原生花園駅に行こうかなと思ってもいたのだが、天気悪かったので諦めた。
次の電車は8:57釧路発、11:53網走着の列車。この後のバスの乗り継ぎがタイトだけど、仕方ない。選択肢ないからね。

ホテルの朝食をいただいた後、チェックアウトしていざ釧網線へ。
1両しかない釧網線、混んでました。パスの効果かGWだから、その両方か。座れずにずっと立ってる人もいたよ。湿原辺りで降りる人もいたけど、乗ってくる人もそれなりにいたので終始座れずに立ってる人がいた感じ。
私も隙あらばボックス席座りたかったけど、ボックス席がちょっと空いても立ってる人がすぐ座るのでずっとベンチシートのままだった。

 


ちなみに釧路から網走まで約3時間かけていくアホ(私)なんてそうそういないだろうと思ったけど、半分以上は仲間だった(笑)

 

前々日の根室行きや前日の帯広行きに比べると鹿が少ない。(あくまでも比べるとって話ね)

 


湿原、山、草原、海といろんな景色が見られるので天気がイマイチでも全然飽きません。


途中で前日、帯広のクランベリーで買ったおやつを食べる。『当日中にお召し上がりください』って書いてあったので、自己責任だよ。
クランベリーのもっとも有名なスィートポテトは私にはハードルが高い(芋苦手)ので、1人用サイズのポテトパイを買ってみた。

こ、これが!まあ美味しいのなんのって。芋嫌いの私も夢中で食べた。
余談だけど、「嫌い」「興味ない」と思っても出来るだけ手を出すことにしてる。食べ物だけは。(他は『食わず嫌い』炸裂)
そうやって手を出すと、こういう出会いがあるからたまらんよなぁ。


そして、途中で知床斜里
今回の旅で行こうか迷った場所であり、この2022年GW直前に痛ましい事故が起きた場所。あれもう天候のせいというより、人災じゃないですか。
私は旅先で観光船に乗ることは少ないけれど、あれって客側からしたら防ぐの難しいよね。それこそ乗り慣れてなければ「乗った瞬間おかしいと思った」ってことも分からないしさ…

今回のGW旅で、一度は知床寄り道も考えたこともあって、あれは私と家族の姿だったかもしれないと思った。
そして、知床の同業他社や地元の方々が自分の仕事よりも捜索に協力していたのを見て、あの人たちも報われて欲しいと思ったわ。

せめて全員の遺体が見つかることと、再発防止を願うばかりです。

 

さて。知床から網走はわりとすぐ。

網走駅から次の目的地まではバスですが、乗り継ぎが46分しかない。(余談だけど1本早い9:51着の列車でもバスは同じ12:39発にのることになる)
トイレ行って、観光案内所でバスのフリーパス買ったらもう残り30分。

 

 

駅弁買って、ベンチで食べようとしたけどベンチ空いてない!!
仕方ないから、バス待ちながら食べる…(恥
バスは網走の観光地と中心街をぐるっと巡るので、結構並んでるんですよ。その中で食べる勇気よ。
心臓の毛よ、伸びよ!

しかし、慌てて食べたこともあって、味よく分からなかった(笑)