旅と食と糸と花

旅が好き、食べることが好き、こぎん刺しを嗜み、花を愛でる、でもどれに関しても無知な妙齢会社員の日記

2022年の手仕事まとめ

コロナ禍になって3年目が終わった。
趣味だった海外旅行が出来ずに、むしゃくしゃした気持ちで始めた手芸・裁縫も3年目。
旅行以外の趣味が続かなかった私にしては続いている方だと思う。

 


インスタタグからのスクショなので、作成途中のものや参考にした本なんかも載ってますが…2022年に作ったもの。

 

服9着、こぎん7個、小物7個と結構やりましたね。偉いですね、私(自画自賛

母が若い頃に着ていた服をこぎん刺しと組合わせてリメイクしたのが一番大変だったかな。
こぎん刺しは自分のものを筆頭に針刺し(ピンクッション)を結構作った年でした。こぎん自体は簡単でも、それを仕立てる難しさよ。なかなかうまくならないね。インスタで同じようなものを作ってる人を見るととても綺麗に見える…本当は内側とかボンドべたべただったりするのかな(多分違います)はぁ、まだまだこれから精進ですね。

服は載せてないものもあるから、もう少しあるかもしれません。

 

色はともかく、ガーゼで作ったこのワンピースは夏の間大活躍だった。ゆったりしてるし、扱いも楽なので旅行にもってこい。来年も違う柄で…とは思うが、多分やらない。

これ、型紙が無くて長方形の生地を組み合わせるだけなんだけど。長方形に切ることが難しい。始まりは38cmの幅で切り始めたのに終わる頃には2cmくらいズレてるとか。定規2本使って、平行に裁断してるつもりなんだけどね~。


私の裁縫師匠である母も、かつて革工房の先生も言っていたけど『たとえ1回きりのものでも、型紙がある方が楽。簡単』と言っていた意味が最近よく分かります。
型紙というガイドに頼り切ればいいので。特に服はそうですね。(革工房の先生は、小物でも型紙ある方が楽だと言っていました)

ただ両者が「初めて作る時に、一度安い布や紙などで試作するとよい」というのはまだ同意しかねる…面倒じゃん!!!大変じゃん!!!と思うけど、これもいつか『分かる』日が来るのかな。

小物は最後に作った旅先用のアクセサリーケースが自分的ヒット。もう少し大きくても良かったかなーと思うけど。
自分の「欲しい」が満たせたので、お気に入りです。手持ちの生地で作れたし。


2023年はまずは手持ちの生地消費を目指して、頑張ります。
だから、これ以上目が悪くなりませんように…老&眼

 

 

人と繋がること

会社で、ふとしたきっかけから「友達少ない」問題の話になった。
バツイチ上司は会社と家の往復で休日もほとんど人と会う事が無いと。いや、友達少ないこと自体は否定しないけど、連絡取りあえる友達はいた方がいいよ~~。老後も考えたらさ~~~と。
上司「じゃ婚活します」って言ったけど、婚活は別にどっちでもいいけど、パートナーの有無にかかわらず友達はいた方がいいよね、と。

 

すると会社の若手ちゃん(通称翼ちゃん)が「私、友達少ないんですけど。5人くらいしかいないです」と。
私が「これからもっと減るよ。年と共にそぎ落とされるよ。特に女は結婚、出産で減る」と予言。彼女にとっては予言だけど、私(世代)にとっては体験談。

 

もちろん私も一人旅好きだし、群れたいわけでもないので、友達多ければいいというものでもない。
ただ、仕事以外での繋がり(コミュニティ)は何かしらあった方がいいと思うのよね。老後、会話が無いとボケるの早いっていうしさ。

 

 

なーんて話をしてたら、数時間後に翼ちゃんが「あの…友達ってどうやったら出来るんですかね」って聞いてた(笑)
気にしてる。珍しい。

 

私は手芸とか旅とか趣味で人とのつながりが広がってるよという話をした。
彼女も趣味があるし、それは一人でやるより複数人でやる方が楽しそうな趣味なので、それとかどう?と言ったら納得してた。

 

手芸部の人がどう思ってるか分からないので、友達と言っていいのか分からないけど。
趣味の話をとことん出来るってすごく楽しいよと思っていることを話した。
あと、私はいくつか転職してるから辞めた後も繋がってる人はもう「友達」だと思うと言ったんだけど。彼女の同期は既に辞めた人もいるんだけど、もう全然連絡取ってないって。(翼ちゃん以外の同期は取ってるらしい)
まあ、合う合わないはあるしね…そこはそんなに気にしなくてもいいと思うよー。


「細く」でいいから、人と繋がることは諦めないで~

 

 

2022年最後の旅は京都(3)

 

2日目午後。
彦根から移動してきたのは近江八幡
自転車レンタルするつもりだったのですが、寒くて断念し、路線バスにて市の名前の由来でもある八幡様へ。

 

と、お参りの前に…まずはお茶しましょ。神より団子(罰当たり)


ここでもクラブハリエとたねやが並んでいますが、今日はクラブハリエの方へ。



タイミングが悪く15分ほど待ちました(その後一気に人が帰って、空きました)

スコーンのセットをいただきました。

ちょっと…焼き過ぎかなとは思いますが(見ても分かる通り)、美味しかったです。

 

ここでは、事前予約すれば個室も利用できるそう。500円/人で利用でき、1人客でも利用可能なんだって!お客さんがいないので、見学させてもらいました。ヴォーリズ建築だそうです。

 

ヴォーリズ建築とは
ウィリアム・メレル・ヴォーリズという建築家が建てたもの。近江八幡をはじめ、日本で数多くの西洋建築を手懸けてメンソレータム近江兄弟社創立メンバーでもあった。

 

食後、クラブハリエでちょこっと買い物をして、歩いて日牟禮八幡宮へお参り。

 

やっぱりここも空いてて、良かった。きっと初詣にはたくさん人が来るのでしょうね。

 

境内には今年(2022年)の干支が。たねやが奉納したものだそう。
なんと全て食べ物で出来てるんだって!肉球はキクラゲ、牙は高野豆腐にコーヒーを塗ってるとか、すごいのよ。
きっと2023年のうさぎも今は飾ってあるんでしょうね。

 

さて、参拝の後は今度はたねやへ。(たねやとクラブハリエは向かい合わせで建っています)
名物のつぶら餅をいただきます。タコ焼き機みたいな器具で焼いたお餅の中にあんこが入ってますよ。

人気でタイミングによってはなかなかの行列です。

その後は徒歩でぶらぶら。近代の洋風建築や近江商人たちのお屋敷などを見学。中に入れる施設もあるようですが、年末年始はお休みらしい(´・ω・`)

暗くなってきたし、そろそろ帰りましょうかね。

 

駅までバスで戻って、列車で再び京都へ。ホテルに荷物を置いてから夕飯へ。
お昼にご馳走を食べたし、おやつも食べたから、夕飯は軽くね…

 

ラーメンです(笑)

京都で食べる名古屋発祥の台湾ラーメン。わけわからないわね。
本場台湾には無いし、名古屋で食べたことないのでこれが初めて。

 

美味しかったです。おろしにんにく入れた方が美味しいらしいのだけど、私は生のニンニク食べるとお腹壊す確率が高いので、ほんのちょびっとだけ。
うーん、これはまた食べたいわ。

という事で初・滋賀終了です。
paypayでお得に旅出来たせいもあるけど、人も多くなく肉もお菓子も美味しいし、琵琶湖は美しいし、買ってきた鮎は美味しいし、滋賀とても好きになりました。今回、年末年始休業で行けなかったところや寒くて諦めたところもあるし、また行きたいな。

 

 

2022年最後の旅は京都(2)

2日目。
朝ごはんは京都の雄(?)SIZUYA志津屋で買ったこちら。



さてさて。方々から京都にはかなり人が戻ってきており、混んでいると聞いていたので、今日は京都脱出しますよ。
JR京都駅って、新幹線以外で使うの…初めて?

たまたま入線した電車撮ったのだけど、もうすぐ現役引退となる車両だったそうです(インスタで教えてもらった)

 

で、やって来たのは滋賀県!初上陸です。

本当はこの年の夏の18きっぷで来ようと思っていたのだけど、諸般の事情で中止したからね。
滋賀県のどこにしようか色々迷ったのだけど、今回は彦根へ。 到着早々ひこにゃん。この時は彼(彼女?)を冷めた目で見ていたのだ…

ところで12/29のこの日は彦根の観光案内所もレンタサイクルももう冬休みに入っておったのじゃ。私の計画が早速崩れたよ!
歩いて彦根城へ。まあ言うても歩いて15分くらいなんでね。

 

彦根城に隣接する滋賀縣護國神社。その名の通り、戦争で亡くなった方を祀る神社ですね。手を合わせて。

 

彦根城は日本が誇る現存天守ですよ。といっても私、城(にも)弱いのでね…ここの城主もよく分かってません。
現存天守だから一応行っとくかみたいな気持ちで来ました。すいません。

 

ひこにゃんが被る兜のモデル(本物)

どうやら、井伊家の城だったらしい。桜田門外の変で殺された井伊直弼系だね!←精一杯の知識

城のことはよく分からないけど、石垣がカッコいいことは分かった。天気が微妙になっちゃったけど、城のてっぺんから眺める琵琶湖が美しいことも分かった。海とはまたちょっと違う景色でいいでないの。

朝一は青空だったのが、どんどん曇ってきてこの後小雨も時折ぱらつきました。

 

ランチを予約してあったのですが、それまで少し時間があるので彦根城の城下町を模した夢京橋 キャッスルロードへ。

(狙い通り、京都とは比べ物にならないほど空いている)

 

ひこにゃんがこの中の四番町スクエアへ出没するっていうので、ちょっと覗いてみるかな~みたいな軽い気持ちで行ったのですが。ひこにゃんと司会のお姉さんの掛け合いがめちゃくちゃ面白くて、(お姉さんがジャングルクルーズの案内人並みにうまい)私すっかりひこにゃんにメロメロ。

キャラものに全く興味が無い人生なのに、思わずクリアファイル買っちゃったよ(笑)

 

ちなみにひこにゃん出没の四番町スクエアでは道の駅ではないんだけど、農産物やその加工品なんかも置かれていて旅の終盤だったら絶対買ってたね!

 

さてさてランチは『せんなり亭 心華房』で予約しておきました。ステーキですっ。
インスタでは魚(寿司)好きだと思われてますが、肉も大好きです。
せんなりさんは、近江牛専門店で滋賀県内に何店舗もあり、彦根市内にもすき焼き専門店などいくつかお店があります。私はステーキ一択ですが。

上ロースステーキコースと単品で近江牛のにぎりをお願いしました。

前菜のハムも野菜もめちゃおいしい(野菜は地元農産物だそう)し、肉は言わずもがなだし、この1年(2022年)大して頑張ってないけど、無事に年の瀬を迎えて旅行が出来て本当に良かったなと噛みしめました。

 

ちなみに3000円くらいからランチがありますよ。
私は合計6900円だったのだけど、久しぶりのpaypay祭で25%還元だったのでお得にいただけました。うふふ。

幸せな気持ちでランチを食べ後は、キャッスルロード内の鮎専門店で買い物。ここもpaypay祭♪

琵琶湖で獲れる鮎を使った佃煮の有名店です。1パックしか買わなかったのを後悔…いやご飯進んじゃうから1パックで良かったんだと思う事にする。

 

この後駅に戻る道すがら、たねや&クラブハリエをチラ見。地元民と思われる方々が続々と来てましたよ。

 

さてさて、列車に乗って滋賀県内のもう一つの街へ参ります~。

 

2022年最後の旅は京都(1)

 

コロナ前は年末は海外で過ごしておりましたが、コロナ3年目の2022年もまた京都です。
年末京都旅もこれで3回目ね。(正確には1回目は年末よりちょびっと早かったのだけど)
自分の記録の為なので、簡潔に綴ります。(当社比)

 

12/28会社にちょろっと出勤後、東京駅へ。早い新幹線乗れたら乗ろうと思ってましたが、まあ空席の無いこと!3列の真ん中席で良ければ変更できそうでしたけど…そこまでして早くなくていいやと思って。
東京駅到着後もこまめに見ていたら、辛うじて20分くらい早い新幹線・窓際席に変更できましたよ。
※EXアプリを使っています

ばびゅーんと京都に到着、京都駅の伊勢丹の地下で今日の夕飯ゲット。
地下鉄で四条駅へ移動後ホテルへチェックイン。今回はホテルビスタプレミオ京都 和邸です。

(外観は翌朝撮影)

一休みしたらちょろっとパトロール。ホテルからぶらぶら散歩して、河原町の方へ。

 

17時頃でしたが、河原町の裏通りは人出はそんなに多くない感じ。大通りや錦市場辺りは多いのかもしれませんね。
裏通りは小ぢんまりしながらもセンスのいいお店があって、見てるだけでも楽しい。

そんな中、お目当ての一軒へ。手ぬぐいのにじゆらです。京都店は初めてよ。



京都らしい1枚を買おうと思っていたけど、見てたら一目惚れしてしまう1枚があって購入。京都全然関係ない柄やで(笑)

なんだったら東京のにじゆらで買えると思うわー。でも一目ぼれだから仕方ないね!

その後も主にウィンドウショッピングしながら、ホテルへ戻ってきました。

 

今日のディナーは伊勢丹で購入したもの。

去年、初めてばら寿司食べて『ウマッ』と感動したのは本物か?と確かめたかったのよね。
ばら寿司とは京丹後地方のみに伝わる独特の鯖のおぼろを使ったお寿司だそうです(お店のとり松HPより)
結果→うまい
これがおいしいというのは私の舌の経年変化だと思うけど(甘い煮つけとか苦手だったので)

写真だと量少なそうに見えますけど(私も最初そう思った)ごはんがぎゅっと入ってて満足です。

ちなみに、去年はこのばら寿司と鯖寿司がセットになったものがあったのだけど、今年は見当たらなかった…できればそっちが良かったんだけど、サンプルにも無かったし終売になったのかな。

初日は以上でおしまいです。